注文住宅にて建築予定です。注文住宅について色々と調べたことや色々なことを紹介していきます。

太陽光発電で失敗しない業者の比較と選び方

太陽光発電を導入するときに失敗しないために重要なのは、どこの施工業者に依頼をするかです。

これから太陽光発電システムの導入をお考えの方は、どのような点に注意して業者を選ぶべきなのかを

簡単に失敗しない業者の比較と選び方を解説していきたいと思います。
太陽光発電の無料一括見積もりなら【グリエネ】

目次
スポンサーリンク

太陽光発電業者は大きく分けると2タイプの業者がある

太陽光発電の業者は大きく分けると2つのタイプの業者が存在します。

太陽光パネルメーカーと太陽光パネル設置業者です。

太陽光パネル開発メーカーとは

太陽光パネルメーカーとは、パナソニック、シャープ、東芝、三菱、長州産業、ソーラーフロンティア、京セラ、カナディアンソーラーなど、CMや広告などでよくある会社です。

メーカーでは独自に開発していますので、扱っている太陽光パネルはそこのメーカーのものしか取扱いがありません。

太陽光発電設置業者とは

パナソニック、シャープ、東芝、三菱、長州産業、ソーラーフロンティア、京セラ、カナディアンソーラーなどの

太陽光発電を販売、設置、アフターメンテナンスを行う、地域の販売店になります。

太陽光パネルメーカーでは、地域の設置業者に販売や施工を認め、ID発行や登録をし、

このIDや登録をしている設置業者が設置した場合、太陽光発電機器に保証を行っています。

各地域の販売店では、太陽光発電一括見積サイトなどで価格競争を行い、あまり利益がない状況で、設置を行ってくれます。

高いと思われる場合もありますが、設置には屋根に上り、危険作業のため、保険なども含まれているため、仕方ないところもあります。

高い金額を支払っているので、後々失敗やトラブルがないように工事も保証もしっかりした業者を選びは大切です。

太陽光発電の業者を比較して選ぶポイント

太陽光発電で失敗しない業者の選び方のポイント①【太陽光発電メーカーの取扱が豊富】

主に太陽光発電を設置するのは設置業者で、太陽光発電の設置業者では
各メーカーのIDや登録されている数が多い場合には、信用度が高いと言ってもよいでしょう。

沢山のメーカーを取り扱える業者を選ぶことがポイントです。

沢山のメーカーを取り揃えている業者であれば多くの太陽光パネルメーカーから選択することが可能です。

太陽光発電で失敗しない業者の選び方のポイント②【設置実績が多い】

メーカーの取扱いが少ない業者でも悪いというわけではありませんが、重要視した方がいいのは、

過去の太陽光発電を取り付けてきた実績の数を比較することが大切です。

太陽光設置実績が少なすぎる業者に比べて、太陽光設置実績が多いところの方が安心感があるということです。

今まで太陽光発電を取り付けてきた実績を見て、少なすぎるところは避けたほうが良いという事です。

太陽光発電で失敗しない業者の選び方のポイント③【業者独自の保証、メンテナンスがある】

太陽光パネル自体は開発メーカーで保証してくれますが、設置に関する保証やメンテナンスなどは設置業者により違う場合があります。

メンテナンスや保証など設置後のフォローを比較して、業者を選んだ方がさらに安心です。

太陽光発電で失敗しない業者の選び方のポイント④【見積もりを個別に出してくれる】

太陽光発電を設置するには【太陽光パネル】、【パワーコンディショナー】、【パネル】が基本部品で、【蓄電池】や【HEMS】のオプションなどもあります。

これらの【太陽光パネル】、【パワーコンディショナー】、【パネル】、【蓄電池】、【HEMS】と設置費用の別々に見積もりを出してくれる設置業者がおすすめです。

業者の見積もりを比較すると項目が違っていたりする場合があります。

太陽光発電で失敗しない業者の選び方のポイント⑤【補助金など希望に合わせてくれる】

各自治体では補助金などを行っているところもあります。現在東京都や神奈川県では独自に補助金を出しています。

これらの希望に合わせて対応してくれる業者がおすすめです。

太陽光発電では初期費用を抑えることが重要で、補助金などをうまく活用することが重要です。

ここら辺も比較するときの業者選びのポイントです。

太陽光発電で失敗しない業者の選び方のポイント⑥【太陽光発電の価格が相場相応】

太陽光発電の価格が相場価格より高すぎても、安すぎても不安になります。太陽光発電の設備にはメーカーにより相場が決まっています。

各業者の見積もりを比較してみてください。同じメーカーのもので同じくらいの金額(±10万位)であれば、サービスや実績によって決めるのが良いでしょう。

金額だけにこだわりすぎると業者選びで失敗する場合がありますので注意してください。

太陽光発電の設備を比較して選ぶポイント

太陽光発電のシステム選びのポイント①【メーカーや仕様を確認する】

太陽光発電システムは開発・販売しているメーカーごとに性能や価格・寿命などの特徴がそれぞれ違っています。

1つのメーカーでも複数の種類や仕様があり、多くのシステムの中から自宅の環境や希望に合わせて比較して選ぶことが大切です。

太陽光パネルにはサイズが大きく、発電量が少ないものやサイズが小さく、発電量が大きいものがあります。

屋根が大きくスペースに余裕があるのであれば、サイズが大きく発電量が少ないものでもよいですが、

屋根のスペースが少ない場合にはサイズが小さく発電量の多いものがよいです。

ただ、サイズが小さく、発電量が多いものについては金額が高くなる傾向がありますので、

自分の環境や資金に合わせて検討してみてください。

基本的には業者で提案してくれるので太陽光発電システムの業者に相談しみてください。

太陽光発電のシステム選びのポイント②【発電量のシミュレーションで比較する】

太陽光発電の見積もりを行う際、現地調査や、太陽光パネルの仕様から、

このシステムだとどのくらいの発電量(kwh)が見込めるかシミュレーションを行ってくれるところがあります。

このシミュレーションを行った数値を比較して、明らかに突出した数値がないか確認します。

シミュレーションだけでなく、過去の違うお宅の実際の発電のデータを見せてくれる業者もあるので確認するのもよいかもしれません。

太陽光発電設置業者によっておすすめメーカーが違う

太陽光発電設置業者は太陽光発電メーカーの登録資格を持っているメーカーだと保証やアフターメンテナンスを充実することができるので、

業者は登録資格を持ったメーカーの太陽光発電を薦めてくることが多いようです。

そのため、多くのメーカーの登録資格を持っている業者がおすすめです。

設置したい太陽光発電のメーカーが決まっている場合にはこの登録資格を持っている業者を選ぶことが重要です。

グリエネでは複数の優良太陽光発電設置業者を比較して選ぶことが出来るのでお勧めです。

太陽光発電の無料一括見積もりで最大100万円安く設置するなら【グリエネ】

太陽光発電の一括見積サイト_グリエネ_口コミなど

太陽光発電業者によって保証やメンテナンスも色々

業者によって保証やメンテナンスの基準も色々です。大きく分けると以下のような保証がありますが、どこまで保証されるのか業者に確認してみることをおすすめします。

出力保証

太陽光発電メーカーでは太陽光の発電が基準以上の出力を維持しているかの出力保証を行っています。出力に問題があった場合には太陽光パネルなどを無償または有償で修理または交換してくれます。

周辺機器保証

太陽光パネル、太陽光の設置架台、パワーコンディショナ本体などの機器に不具合が発生した場合に保証を行ってくれます。

自然災害保証

落雷、火災、風、雪、雹などの自然災害により、太陽光システムが故障した場合に保証を行ってくれる。(火災保険に含まれている場合もあるので確認してみるとよいです)

定期点検・メンテナンス

太陽光発電設置業者により対応が違います。有償や無償の場合があるのでよく確認しておくとよいでしょう。

 

基本的にはメーカーにより、無償で10年以上(メーカーにより異なる)の保証がついていますが、有償での保証などもあり、

保証範囲などは会社によって異なります。メーカーを選ぶ際に重要なポイントです。

太陽光発電設置業者を選ぶ時に失敗しないためにトラブル事例「失敗例」

太陽光発電を設置する際、補助金や電気の固定買い取り制度(一般住宅10kw未満は10年間)ですが、太陽光発電を設置するための費用は安くはありません。そのため、失敗はしたくないですよね。失敗事例を知ることで防げる場合もあるので、トラブル事例を紹介していきたいと思います。

太陽光発電設置業者を選ぶ時に失敗の事例①

太陽光発電を設置したら電気代はかからず、毎月不労所得になると思っている方もいらっしゃいますが、太陽光発電の設置の容量(kw)や屋根の形状や方角、天候により、最大の発電量が違います。一部の業者やインターネットサイトなどでは発電量の簡易シミュレーションを行うことが出来ます。

業者によっては、シミュレーションがいい加減で、詳しい屋根の日照条件などを盛り込んでいない場合があります。

これにより実際の設置の際の発電量とシミュレーションの数値が違うなんてことが出てきてしまいます。

これは業者が悪く、失敗した事例と言えます。きちんとした業者であればここら辺の説明をしっかり行い、条件により調査を行ってくれます。失敗した原因としては、業者選定の失敗です。

太陽光発電設置業者を選ぶ時に失敗の事例②

太陽光発電設置工事を行い、通常の生活をしていて、大雨が降った日に、天井から雨漏りがしてきました。雨漏りの原因は太陽光パネルが原因のようで、設置業者に連絡したところ、屋根の欠陥が原因として、補修するために、工事および費用かがかるとのことで、費用を請求された。この失敗事例としては、業者での保証がなく、設置が原因だったのにもかかわらず、追加の費用が発生してしまっています。この失敗の原因としても業者の選定ミスです。

雨漏りは普通は発生しませんが、施工が悪い業者でいて保証もない業者を選んでしまったのが原因だと思われます。通常の太陽光発電設置業者であれば保証で対応してくれます。

 

上記2点の共通の失敗した原因としては、業者の比較をせずに、悪い業者に当たってしまった事例になります。太陽光発電を設置する際の一番重要なのは業者選定ということになります。優良な販売店を探すには一括見積サイトを利用するのが効率的になります。

 

太陽光発電を一括見積もりする方法

太陽光発電は環境保護にもつながり、災害時も自家発電できるというメリットがあります。太陽光発電の買い取り価格は下がっていますが、現在では蓄電池とセットで、自分の家で使用する電力は自分の家で作るといったゼロエネルギー住宅などが標準となりつつあります。

災害時にも使用でき、自治体によっては補助金ももらえるのでぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。新築でなくても太陽光は設置可能です。

 

 

複数の業者から一度に無料で見積もり依頼ができるおすすめのサイトの一括見積もりサービスをご利用ください。

太陽光発電の無料一括見積もりで最大100万円安く設置するなら【グリエネ】

太陽光発電の一括見積サイト_グリエネ_口コミなど

複数の業者を比較することにより、業者のメリット・デメリットがわかりやすく、優良な業者を探しやすいです。

【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!

太陽光発電の一括見積サイト【タイナビ】

太陽光発電の設置は経済的メリットも大きく、環境にも優しいため、検討している方はできるだけ多くの業者から見積もりをもらい比較して選ぶことをおすすめします。

 

太陽光発電を設置したら、すべて電気を賄い、夜も溜まっている電気を使用しているのではないかと思っている方もいますが、通常、太陽光発電のソーラーパネルだけでは電力はためておくことが出来ないため、昼間の天気が良いときは発電しており、自己消費を行い、過剰に発電された電力は電力会社に売られています。

ですが、夜間や天候が悪いときは、電気会社からの電力によって賄っています。そのため、電気代が掛かってしまいます。もし、すべての電力を自己発電の電力で賄いたいと思うのであれば、蓄電池とセットで設置することをおすすめします。

スポンサーリンク