2021年我が家の太陽光(ソーラーパネル)5.76kwの実際の発電量、売電価格について

スポンサーリンク

我が家では2020年12月から新築住宅を建ててそれと同時に太陽光パネルのソーラー発電を導入することにしました。

最近では売電価格が下がり、あまりメリットがないということで、ソーラーパネルの設置をしない方も多くなってきているようですが、
実際に設置した感想やメリット、デメリットを個人的な視点から紹介していきたいと思います。

毎月の収支についても紹介していきます。月ごとに更新していきますので、

太陽光発電(ソーラーパネル)を設置しようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

我が家の太陽光発電(ソーラーパネル)を設置した理由

我が家では元々太陽光発電(ソーラーパネル)を設置しようと思っていました。

第1の理由としては、毎月の電気代を抑えさらに収入を得たいという理由です。

ですが、最近ではソーラーパネルは売電価格も安くなりあまりメリットがないと言われていますが、近年では昔と比べて、売電価格は安くなったが、

ソーラーパネルの導入コストは大分落ちてきています。

特に自治体などによっては補助金などを出しているところもあるため、まだ、ソーラーパネルにメリットがないわけではないと思っています。

ちなみに我が家のソーラーパネルの価格は後程紹介しますが、比較的安い価格で導入できています。さらに補助金により大分導入コストは安くなっています。

我が家で導入した太陽光発電(ソーラーパネル)の金額と、年数でシミュレーションしてみても10年程度あれば、パネル代位の収入になり、その後は電気代をさらに減らすことが出来る予定です。

特に最近では、燃料高騰などを理由に電気代も結構高くなって来たりしているため、できる限り、自己発電で賄いたいという希望でした。

また、災害時で停電した場合でも電力を賄えるという理由もあります。

ただ、我が家では蓄電池を設置していないため、夜などの発電していない時間だと、ソーラーパネルの電気を使うことが出来ません。

ちなみに、なぜ、最初から蓄電池を設置しないのか?

と思うかもしれませんが、10年の固定買い取り期間があるのと、蓄電池は現状まだ結構な高額でかつ蓄電池は消耗品という点です。

10年後の固定買い取り期間が終了して価格が落ちて、性能も良くなったら蓄電池を設置しようと思っています。

最近では環境問題などで、ソーラーパネルを取り入れる方も多いようです。

我が家の太陽光発電(ソーラーパネル)のスペックと購入価格(補助金あり)

我が家の太陽光発電(ソーラーパネル)はネクストエナジー(Next Energy)のNER660M320 の5.76kwになります。

我が家の場合は元々、エネカリでソーラパネル(太陽光発電)の初期費用0円でやろうと思っていたのですが、

ハウスメーカーの方で補助金を申請してくれて、審査に通ったみたいで、65万円分の補助金をもらえることになりました。

太陽光発電(ソーラーパネル)の購入価格としては、1,242,000円ですので、補助金650,000円を引くと、実質、592,000円(約60万円)とかなり割安で設置することが出来たと思います。

新築住宅だったので、足場をそのまま使用して設置できるので、おそらくそこら辺でコスト削減できたのだと思います。

もし、これから新築住宅を考えている方は、足場があるときに設置すると割安で導入設置することが出来るかもしれないで、検討してみるといいかもしれません。

売電価格は多分、令和2年(2020年12月15日)になるので21円/kwhになるかと思います。

太陽光発電設置費用のデメリットの解決策や解決方法!初期費用0円で設置もできた

実際、正直正式な書類がありませんでしたので定かではありません。

スポンサーリンク

2021年(令和3年)1月の太陽光(ソーラーパネル)発電量と売電価格の収支公開

2021年(令和3年)1月は比較的天気のいい日が多かったため、1日の発電量はそこまで多くなかったのですが、

平均的に安定していたため、売電価格としては\7,866円でした。

自己使用電力もあるので、純粋なトータル売電価格としては¥11,907

1/29の発電量が28.0kwhで最高で2/23の発電量が1.3kwhと最低でした。

太陽光パネルは雨でも一応少量ながら発電はしているようです。

発電量は安定していましたが、暖房費でエアコンがなかったため、床暖房やヒーターを結構使用していたので電気の買電額が高くなってしまいました。

2021年(令和3年)1月として、自給率は85%だったため、自給率100%を超えることが出来ませんでした。

※実際の入金額は1日~月末ではないのと若干誤差はあると思います。

また、若干のロスや買電量については基本料金など含まれていないので、誤差があると思います。

2021年(令和3年)2月の太陽光(ソーラーパネル)発電量と売電価格の収支公開

2021年(令和3年)2月も天気が安定していてほとんど雨の日がなかったと思います。

日も少し伸びてきたので1月よりも発電量も多くなってきました。

売電価格としては11,274円でした。

自己使用電力もあるので、純粋なトータル売電価格としては15,267円

2/28の発電量が32.1kwhで最高で2/15の発電量が2.3kwhと最低でした。

発電量は安定していましたが、比較的天気も良かったため、暖房費も少し減ったため、買電額も少なくなりました。

2021年(令和3年)2月として、自給率は126%でした。今月は自給率100%を超えることが出来きました。

スポンサーリンク

2021年(令和3年)3月の太陽光(ソーラーパネル)発電量と売電価格の収支公開

2021年(令和3年)3月も天気が比較的晴れの日が多く、雨の日が少なかったです。

しかし、2月よりかは発電量は少なくなってしまいました。

売電価格としては10,307円でした。

自己使用電力もあるので、純粋なトータル売電価格としては14,889円

3/3の発電量が34.4kwhで最高で3/13の発電量が1.4kwhと最低でした。

発電量は2月と同様に安定していて、3月も比較的天気も良かったため、売電金額は1万円代を維持できました。

2021年(令和3年)3月として、自給率は132%でした。今月も自給率100%を超えることが出来きました。

我が家の太陽光発電(ソーラーパネル)で元を取る

電気を使用している部分もあるので、実際の費用対効果を出すのは難しいので、発電量をもとに計算して元を取れるか計算していきたいと思います。

ちなみに売電が開始されたのが2020年12月15日以降になるため、その時点のから計算していきたいと思います。

太陽光発電(ソーラーパネル)の購入価格としては、1,242,000円ですが、補助金650,000円があるので592,000円で計算します。

年月残り金額発電量(kw)売電(1kwh)売電価格
¥592,000¥21
2020年12月¥580,807533¥21¥11,193
2021年1月¥568,900567¥21¥11,907
2021年2月¥553,633727¥21¥15,267
2021年3月¥538,744709¥21¥14,889
2021年4月¥521,692812¥21¥17,052
2021年5月¥508,420632¥21¥13,272
2021年6月¥494,560660¥21¥13,860
2021年7月
2021年8月
2021年9月
2021年10月
2021年11月
2021年12月

 

ここでは新築住宅やリフォームなどでお役立ちできる一括見積サイトなどお得なサイトを紹介します。我が家でも注文住宅を建てる際に、色々と調べて、少しでもお得になればと思い、色々と調べてよかったサイトを紹介しています。住宅お役立ちリンク参考にしていただければ、幸いです。
スポンサーリンク