注文住宅にて建築予定です。注文住宅について色々と調べたことや色々なことを紹介していきます。

住宅の24時間換気システムは何がいいの?第一種、第二種、第三種?熱交換とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

住宅の換気システムについて

住まいの換気システムは3タイプあります。

自分の家の「換気」がどうなっているか、皆さんは知っていますか。

家を建てるとき間取りや値段に気を取られてあまり気にしていない方もいるかと思いますが、健康的で快適な生活をおくるには欠かせない設備です。

ぜひあまり知識がないという方は参考にしてみてください。

絶対に知っていて損はない内容化とおみます。

今後もどんどん家づくりが進化していきますが、換気についても重要な部分です。

基本的な考え方をおさえて、健康的で快適な家づくりに役立ててください。

換気システムには第1種換気システム、第2種換気システム、第3種換気システムがあります。

自分の建てるハウスメーカーではどの換気システムを使用しているのか、他の換気システムと比較してどうなのか。

変更はできるのか。

自分のスタイルあった換気システムの導入ができるのか考える必要があるかと思います。

我が家でも色々調べてみたので参考になればと思います。

ちなみに我が家は24時間換気システムの第1種換気が標準でした。

住宅の換気方法

住宅の換気方法には自然換気機械換気があります。

自然換気だけでは常に一定の換気機能を維持できないため、換気扇による機械換気を行います。

これらの換気システムを組み合わせたタイプの機械換気には、次の3種類があります。

種類 第一種換気 第二種換気 第三種換気 自然換気
吸気 機械で換気 機械で換気 換気口のみ 窓や換気口のみ
排気 機械で換気 換気口のみ 機械で換気 窓や換気口のみ
計画換気 できる できる できる できない

※計画換気とは、住宅内部の空間で一方方向の空気の流れを作って、どの部屋にも新鮮な空気を行き渡らせるようにして、水蒸気の発生や汚染空気の発生源を直接排気して、汚染された空気が他の部屋に拡散しないように計画的に換気することを「計画換気」といいます。

スポンサーリンク

第一種換気方法

第1種換気では給気・排気ともに機械で換気を行います。

計画換気をすることができます。

第一種換気では給気と排気を別々の場所で行う「分散型」、給気と排気を1カ所で行い、ダクトを伸ばして各部屋の換気をする「集中型」があります。

第一種換気では空気を入れ替えるときに熱交換を行う装置がついているものであれば住宅内温度を保ちつつ換気を行うことができるので、保温効果があり、冷暖房費の節減につながります。

給気時にフィルターを通ることにより空気清浄の効果もあります。

第一種換気システムは通称24時間換気システムのことです。

ハウスメーカーで第一種換気システムの24時間換気システムを取り入れているところも結構あります。

スポンサーリンク

第二種換気方法

第2種換気システムでは給気のみを換気扇などにより機械で強制的に行う換気方法です。室内の気圧が屋外よりも高くなるので室内にホコリやチリなどが入りにくいため、病院の手術室や精密機器製造工場などで採用されることが多いようです。半面、結露が起こりやすいなどのデメリットもあり、一般のハウスメーカーなどではほとんど採用されません。排気は通気口から行います。

第三種換気方法

第3種換気システムでは排気のみを換気扇などにより機械で強制的に行う換気方法です。

第三換気システムは初期費用やランニングコストも安価なため一般的にもっとも多く、行われている換気方式です。

ですが、この第三換気方式で計画通りの換気を行うためには、とても高い気密性能が要求されます。気密性能が悪いと本来の効果が発揮されず逆効果になってしまうこともあります。

第三種換気システムを導入するのであれば気密性能の高い住宅にすることが大切です。

スポンサーリンク

自然換気

自然換気とは名前の通り、窓やドアなどを開けて行う換気方法です。

窓をあけるだけなので風に任せるため、計画に換気したりすることができないですが、最も簡単な換気方法です。

第1種換気方式のメリット・デメリット

第1種換気方式のメリット

・熱損失を最大限に減らし、高気密・高断熱仕様の住宅を実現できる

⇒第1種換気では室内温度の空気と室外の温度の空気の熱交換により熱損失を減らすことができます

例えば室内温度が20℃で室外温度が0℃だった場合、内外の温度差は20℃になります。

この温度差25℃の内、90%の熱(18℃)を回収・交換して室外から取り入れる0℃の空気に加温することにより室内に給気した時の室外の空気温度が0℃から18℃までで上げることが出来ます。

換気の中で熱交換により一番熱損失を減らすことができるシステムになります。

・空気清浄機能がある

⇒フィルターを通して換気するので空気清浄機としての機能もあります。

第1種換気方式のデメリット

・導入コストが高い

⇒第1種換気機能的に優れているため、金額も高額になります。

2階建てでは第1種換気システム(24時間換気システム)を導入する場合は各階1個必要なため、1棟の住宅に最低2台設置する必要があります。

・フィルターなどメンテナンスが必要

⇒定期的な清掃やフィルター交換などが必要になってきます。

・電気代が掛かる

⇒基本的には24時間換気のため、その分電気代は掛かります。

我が家の全熱交換型24時間換気システムについて

我が家の全熱交換型24時間換気システムはハウスメーカーの基本設定でMAX®のES-8300DCでした。

この全熱交換型24時間換気システムのES-8300DCはリビングだけでなく、洗面所やトイレまでもクリーンな空気環境にしてくれます。

我が家の場合1Fの洗面脱衣所に本体があり、各部屋にダクトで熱交換した空気が給気グリルから常時供給されています。

そしてトイレから空気が吸い込まれ、ダクトを通り、全熱交換型24時間換気システムのES-8300DCから排気、熱交換されていきます。

ちなみに電気代も思ったより安く、24時間使っても月々400円程度らしいので空気洗浄機を全部屋に付けるよりかもお得です。花粉や粉塵なども除去してくれます。

また、専用コントローラーでフィルターの使用期間を確認することが出来るので、フィルターの清掃や本体のお手入れが簡単にできます。

全熱交換型24時間換気システムのES-8300DCフィルターも思ったよりも安く、購入できます。

5枚入りなので1枚あたり、1000円いかない程度です。

マックス MAX JG90204 VO105スペアフィルタ 全熱交換型換気システム用フィルタ 5枚入

スポンサーリンク

まとめ

第三種換気システムでも十分な換気システムですが、断熱にこだわるのであればやはり第一種の24時間換気システムがおすすめです。

ハウスメーカーによっても取扱いの有無があるため、まずはハウスメーカーで確認することをお勧めします。

スポンサーリンク