注文住宅にて建築予定です。注文住宅について色々と調べたことや色々なことを紹介していきます。

後悔しないためのLEDダウンライト照明の配置、調光、交換、取り付けなど

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LEDダウンライトとは

LEDダウンライトとは、天井に埋め込まれて設置されている照明器具です。

天井に埋め込まれているため、シーリングライトと比べるとダウンライトは
天井をすっきり見せることができるため、部屋が広く感じる効果があったり、おしゃれに演出できるライトです。

 

基本的にはダウンライトはLEDを交換することが出来ないのと、
天井に埋め込んでいるため、新築時の設置が基本です。
リフォームなどで変更することは可能ですが、個人で取り付けるのは難しいです。

 

ダウンライトは基本的には丸いタイプがありますが、和室などにあわせ、四角いタイプのものもあります

 

光の色も昼白色、温白色、電球色などの中から選択することができるのでシーンや部屋に合わせて使い分けるのもよいですね

そのほか、Panasonicではスピーカー内蔵のダウンライトなどもあります。

 

後から後悔がないようなLEDダウンライトを選択することが大切です。

 

LEDダウンライトのメリット

ダウンライトの最大のメリットとしては先ほど少し説明した通り、
天井に埋め込まれているため、天井がすっきりして部屋を広く感じさせてくれることです。

 

また、LEDダウンライトに調光式のコントローラーやリモコンを付けることによって
光量も調整することができるため、シーンや状況によって光量を変更することができます。
昼、夜ので明るさを替えたり、寝るときに真っ暗にしたくない時などに有効です。

 

次にLEDダウンライトとシーリングライトを比較したときに掃除や手入れなどがほとんど必要なく
LEDダウンライトはほぼ、メンテナンスフリーです
掃除するとしても、表面をさっと拭くくらいです。

シーリングライトなどだとすき間から小さな虫が入ったり、ホコリが溜まったりしてしまい、
定期的に掃除が必要になったりします。個人的にはこれが一番のメリットかと思います。

 

その他、Panasonicではスピーカー内蔵のダウンライトではダウンライトにスピーカーが内蔵されているため、
天井がスッキリしているのにも関わらず、いい音が聞こえるので、スピーカーを取り付けたいと思っている方にはおすすめです。

スポンサーリンク

LEDダウンライトのデメリット

ダウンライトはメリットも多いですが、やはり、デメリットもあります。1つ目に価格が高くなる傾向があります。ダウンライト本体の価格はそこまで高額ではありませんが、ダウンライトは天井に穴を空けて設置する必要があるため、取り付けにお金が掛かります。

また、基本的にはダウンライトは1つで照らすというよりは複数個を並べて配置するため、費用が高くなる傾向があります。
シーリングライトによっては高額なものもありますので、どちらがいいかは部屋によって変わってくるかともいます。

 

ダウンライトは1つだけだと広い範囲を明るくできないため、暗く感じることがある。
広い部屋にダウンライトを設置しようとした場合は、複数のダウンライトを設置する必要があります。

 

ダウンライトの配置を後悔した場合、交換することが難しいです。
シーリングライトであれば、後悔した場合は、違うシーリングライトに交換するのは容易ですが、
LEDダウンライトを交換するのは、自分では難しいです。専門の業者に依頼するしかありません。

スポンサーリンク

LEDダウンライトの交換、取り付け

基本的にはLEDダウンライトのLEDを交換することはできません。
LEDライトの寿命は長いため、中々切れることがありません。
場合によっては一度も交換せずに建て替えまで持つことも少なくありません。

 

ただ、ダウンライトが故障した場合は交換しなければなりませんが、天井に埋め込まれているため、自分で交換するのは難しいです。

 

配線によっては、感電するおそれがあるため、自分で交換作業や取り付け作業をするのはやめてください。

また、電気の配線をいじる場合は電気工事士の資格等がないと法律で罰せられる場合があるので注意が必要です。

 

LEDダウンライトの交換する場合は最寄りの電気店や量販店、ハウスメーカーなどに相談することをおすすめいたします。

 

LEDダウンライトの配置

LEDダウンライトはリビングに配置されることも多く、3つから4つを並べて使用することが多いです。

リビング照明のダウンライトの配置は大きく分けると分散型と収束型の2つにわけることが出来ます。

例で言うと6つのダウンライトを均等に幅広くライトを設置する分散型と、6つのダウンライトを中央に寄せる収束型があります。

分散型はダウンライトを幅広く設置するため、暗くなりがちです。

少し、暗いリビングが好みであればこちらの分散型の配置がおすすめです。

 

収束型はダウンライトを中央に集中して設置するため、分散型とは逆に中央付近が明るくなります。

明るい部屋が好みの方はこの収束型のダウンライトがおすすめです。

 

スポンサーリンク

LEDダウンライトで後悔する原因

ダウンライトを付けて後悔する原因として、暗さがあります。

シーリングライトと比べるとやはり、明るさの広がりが少なく、結果的に暗く感じやすい状況になります。

明るい部屋を求めるのであればダウンライトよりもシーリングライトの方がおすすめです。

 

また、ダウンライトは光幅が狭いスポット的なライトのため、逆に場所によっては明るすぎるなどで目が痛いやテレビが見にくいなどの後悔もあるようです。

 

これらの明るすぎる、暗すぎるの問題を解決することができるのが、調光式のコントローラーです。

ダウンライトの調光用コントローラーは明るさを調整することができるため、おすすめします。

後悔しないためにも正しいダウンライトの配置をすれば、とてもおしゃれですっきりとした照明器具になります。

 

また、ダウンライトはスポットライトとしても有効で、部屋の端などに設置して間接照明のような使用方法をするのもおすすめです

 

小屋裏や蔵など天井が低い場所にもダウンライトは有効で天井から突き出さないため、シーリングライトより有効です。

 

ダウンライトの配置を間違えて後悔しないようにしましょう。

スポンサーリンク