新築を建てる適切な時期を九星気学で判断する

スポンサーリンク

新築住宅の建築を進めるにあたり、不幸が続いてしまったため、九星気学に詳しい先生に診てもらうことになりました。

自分もあまり、宗教とか、占いとか信じる方ではないのですが、

今回のような、ことが立て続けに続いてしまうと、信じざる負えない状況になってきています。

 

ちなみにこの九星気学に詳しい先生は結構大きい、会社や施設などの建物の家相や、位置、
建てる時期など依頼を受けて占っているようです。東証一部の会社などからも依頼が結構あるようで、信用はできます。

ここでは、どこの九星気学の先生なのかは、書きませんが、気になる方はメッセージにてご連絡いただければ教えます。

スポンサーリンク

九星気学による基本的な考え方

九星気学は生年月日でその人の運命を占う方法として、古代中国で生まれた占いとして、

自分の運命を良い方向に変えていく上で役立つ開運法です。

九星気学はその名の通り、生年月日により下のように9つの星に分けて、各星ごとに占います。

一白水星(いっぱくすいせい)

二黒土星(じこくどせい)

三碧木星(さんぺきもくせい)

四緑木星(しろくもくせい)

五黄土星(ごおうどせい)

六白金星(ろっぱくきんせい)

七赤金星(しちせききんせい)

八白土星(はっぱくどせい)

九紫火星(きゅうしかせい)

 

まずは自分の本命星と月命星を知る必要があります。

参考として本命星と月命星の早見表を記載してあります。

 

ちなみに自分の本命星は「五黄土星」で月命星は2月生まれなので、「二黒土星」でした。

九星気学ではこの本命星と月命星をもとに、吉方位をみて、引っ越しする方向や時期について最適な状況を見ていくことが出来ます。
ただ、九星気学による良い時期と実際の移動する希望とが合うのは中々難しいのが現状です。特に、転勤などでは方向も時期も選択するのは難しいと思います。

 

我が家でも希望の移動時期と、九星気学による吉方位や時期が合わず、進めてしまったため、
今回のような不幸が起こってしまった可能性もあるので反省しています。

とはいっても対策をするのも大変で、お金もかかる方法しかないのでどうしたらよいのかと悩んでおります。後程ご紹介します。

その他にも日命星などもあるのですが、大体は本命星と月命星で判断されます。

九星気学の早見表

本命星と月命星の早見表になります。

 

自身の生まれた年は本命星早見表と、

自身の生まれた月は月命星早見表と照らし合わせてください。

本命星早見表

一白水星二黒土星三碧木星四緑木星五黄土星六白金星七赤金星八白土星九紫火星
1927年1926年1925年1924年1923年1922年1921年1920年1919年
1936年1935年1934年1933年1932年1931年1930年1929年1928年
1945年1944年1943年1942年1941年1940年1939年1938年1937年
1954年1953年1952年1951年1950年1949年1948年1947年1946年
1963年1962年1961年1960年1959年1958年1957年1956年1955年
1972年1971年1970年1969年1968年1967年1966年1965年1964年
1981年1980年1979年1978年1977年1976年1975年1974年1973年
1990年1989年1988年1987年1986年1985年1984年1983年1982年
1999年1998年1997年1996年1995年1994年1993年1992年1991年
2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年
2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年
2026年2025年2024年2023年2022年2021年2020年2019年2018年

※節分より手前(1/1~2/4くらいまで)に生まれた方は前年の星が本命星となります。

月命星早見表

本命星
生まれ月一白水星
四緑木星
七赤金星
三碧木星
六白金星
九紫火星
二黒土星
五黄土星
八白土星
1月九紫火星六白金星三碧木星
2月八白土星五黄土星二黒土星
3月七赤金星四緑木星一白水星
4月六白金星三碧木星九紫火星
5月五黄土星二黒土星八白土星
6月四緑木星一白水星七赤金星
7月三碧木星九紫火星六白金星
8月二黒土星八白土星五黄土星
9月一白水星七赤金星四緑木星
10月九紫火星六白金星三碧木星
11月八白土星五黄土星二黒土星
12月七赤金星四緑木星一白水星

※月の4日〜7日あたりが切れ目となります。

スポンサーリンク

新築住宅に入居する時期

我が家では3月の後半から着工し、8月頃引き渡しの予定で動いていました。ただ、今回のような不幸が重なり、九星気学の先生に見ていただいたところ、2月に整地を行ったのがあまりよくないとのことでした。

 

とはいえ、すでに動いてしまったものを止めることもできないため、とりあえず、父親と母親は早急にお祓いをした方がいいとのことでした。

父親は60歳を過ぎているので、厄年はないと思っていたのですが、実は今年が厄年であまり良くない年ということでした。

 

母親も八方塞がりという時期で、さらに、家を建てる位置が母親にはあまり良くない位置だったようです。

ということで、病院から退院したところで、お祓いを受けてもらうようにしたいと思います。

 

次に、自分たちの一家の新築に入居する時期ですが、妻と長女が12月までは入居しない方がいいとのことでした。

12月もよいわけではないが、悪くもないとのことでした。

 

また、自分と次女については九星気学でいうと、今年、来年も今住んでいるところから北方向になり、新築住宅に住むには方位が大凶らしく、絶対に入居しない方がいい時期ということでした。とはいえ、入れないのも困るので、何か対策はないかと相談したところ、自分と次女については、一度、違う方位に家を借りて、転居してから約2カ月60日間寝るだけでも良いので、その土地に一度根付かせてから、新築住宅に2月に戻れば、自分と次女は大吉で戻れるとのことでした。

 

本来であれば中々難しい対策ではありますが、今回のような不幸が起こってしまっていますので実践する予定です。ただ、60日間毎日続けなければ根付けられないのでひとまず、2カ月は頑張る必要があります。

 

ちなみに両親についても、令和4年に一度家をでて、また戻る必要があるとのことでした。期間としては約2カ月間60日ほど、寝るだけでよいのでやる必要があります。

大変でお金もかかってしまいますが、残りの人生の内の2週間頑張れば安心した人生を歩めるとのことを信じてやるしかないですね。

 

結果的には12月に受け渡しにできるよう、着工時期を調整してもらうことにしました。

着工については、6月か7月頃になる予定です。

 

ただ、次世代エコポイントの対象時期から外れてしまうため、35万円分の次世代エコポイントをあきらめざる負えない状況になってしまいました。残念ですが、安心には変えられません。

 

ちなみに現在、整地をして作業が止まってしまっているので空き地となっています。そのままにしておくのもよくないので、とりあえず地鎮祭だけは先にやってしまう予定です。

九星気学による引っ越しするときの良い方位

あくまで、占いに当たると思いますので、絶対にいいことばかりかといわれてしまうとそうではないと思います。

九星気学的に適切な動き方をしても、悪いことがなくなるということではないので。

九星気学の考え方で言うと吉方位は年、月、日ごとに回っています。常に同じ方角が吉方ではなく常に変わっているのです。

 

個人で動ければ、動きやすいですが、我が家の場合、自分、妻、長女、次女、さらには父親、母親の星をすべてあてはめなければいけないので、動ける方法が限られてきてしまいます。

 

引っ越しなどする場合は、九星気学の考え方で、良い時期、良い方位で入居すると今後も悪くない状況になると言われています。信じるか信じないかはあなた次第です。

 

あくまで、我が家での実例を挙げてみました。

スポンサーリンク

九星気学の先生に聞いた喜べないけど、良かった事例

九星気学の先生に聞いた事例で、社会人のAさんが転勤になって、親に連れられ、九星気学の先生のところに相談に行ったそうです。

 

九星気学で転勤の時期と、方位をみたところ、あまりよい方位や時期ではなかったそうです。
そのため、アドバイスとしては絶対に転勤に行ってはダメということでした。とはいっても、
会社の決定なので、止めるということが中々難しい状況だったらしいです。

 

そういった状況であれば会社を辞めた方がいい。←そこまでいう?

その後、良くか悪くか、Aさんは転勤しなくてもよくなったそうです。
その代わりに、同期のBさんがAさんの代わりに転勤になってしまったようです

 

1年後、Bさんはうつ病になってしまい、仕事にも行けない状況になってしまったようです。

 

後日知ったことだったらしいのですが、同僚のBさんは九星気学でいうと、Aさんと全く同じ星まわりだったようです。
Aさんが行っていたら同じようなことになっていたのかもしれません。Aさんの両親はBさんには悪いがAさんがそのような状況にならなくてよかったと喜んでいたようです。

 

ここでは新築住宅やリフォームなどでお役立ちできる一括見積サイトなどお得なサイトを紹介します。我が家でも注文住宅を建てる際に、色々と調べて、少しでもお得になればと思い、色々と調べてよかったサイトを紹介しています。住宅お役立ちリンク参考にしていただければ、幸いです。
スポンサーリンク