注文住宅にて建築予定です。注文住宅について色々と調べたことや色々なことを紹介していきます。

auじぶん銀行の住宅ローン審査の流れ

スポンサーリンク

auじぶん銀行の住宅ローンの仮審査申し込みをしてみることにしました。

住宅ローン会社はいくつかありますが、auじぶん銀行の住宅ローンを選んだ理由やじぶん銀行の住宅ローンの仮審査の流れ、申し込むときに必要な情報等、わからない方もいると思いますので紹介していきたいと思います。

自分も中々、住宅ローンの仮審査に踏み込むことが出来ず、また、入力項目も多くて後回しになってしまいました。

とはいえ、そろそろ仮審査を申し込まないと間に合わなくなってしまうので、仮審査の申し込み方法について説明していきたいと思います。

 

一応りそな銀行の住宅ローンの本審査についても平行して進めています。ハウスメーカーで言われているのは、とりあえず、1件だけでも住宅ローンの本審査を通しておいてもらえれば、最終的に違う所にしてもらってもよいとのことでした。

スポンサーリンク

なぜ、auじぶん銀行の住宅ローンを選んだのか

auじぶん銀行の住宅ローンでは他の住宅ローン会社と比較しても、低金利で住宅ローンのランキングや口コミでも上位になっており、

さらに金利の上乗せなしでも、手厚い保障が受けられ人気にもなっているようでした。

がん診断されるだけで、住宅ローン残高が50%になるがん団信と、すべての病気や怪我(精神障害を除く)で180日以上入院すると借入残高が0円になったりと、
全疾病団信が両方無料付帯されるネット銀行はここだけでした。さらに金利上乗せを行えば、がん診断されるだけで、住宅ローン残高が0円になる団信など色々なパターンの団信が用意されています。

詳しく知りたい方は以前の記事を参考にしていただけるとわかるかと思います

auじぶん銀行の住宅ローンシミュレーションと団体信用生命保険

 

その他にもauじぶん銀行の住宅ローンでは一部繰上返済手数料・収入印紙代が無料など、お得な特典が盛りだくさんでした。

また、auじぶん銀行は三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資会社で安心できると思いました。

 

auじぶん銀行の住宅ローンの新規借り入れまでの流れの確認

住宅ローンの仮審査の申し込みをしたあとどのような流れで借入することが出来るのか全体の流れの確認をしました。

基本的には申し込みから契約までネットで完結するのでやりやすいです。

STEP1 住宅ローン仮審査申し込み

auじぶん銀行の銀行口座を持っているかたと、銀行口座を持っていない方で住宅ローン仮審査を申し込むとき手順が違いますが、
銀行口座を持っていない方は最初に名前や住所などを最初に登録します。その後の仮審査は同じ手順になります。

 

流れとしては住宅ローンのマイページの登録を行い、仮審査の申し込みをします。

仮審査申し込み後、auじぶん銀行から仮審査の申し込み完了メールが届きます。

そこに記載されている申込番号で団体信用生命保険の申し込みおよび告知を行います。

その後、仮審査完了後に登録メールアドレス宛に仮審査完了の案内メールが届きます。

STEP2 住宅ローン本審査申し込みの流れ

住宅ローンの仮審査の結果が問題ないようであれば本審査に進みます。

仮審査完了の案内メールにて住宅ローンの本審査の申し込みに進み、本審査を申し込みます。

住宅ローンの本審査の時に必要書類をスマホまたはパソコンで写真またはスキャンしてデータをアップロードします。

データでの提出が出来ない場合には郵送やFAXでも受け付け可能なようです。

郵送する場合は書類の不備などに注意しましょう。

住宅ローンの本審査完了後、登録メールアドレス宛に本審査完了の案内があります。

住宅ローンのマイページから本審査の結果を確認して、審査が通っていれば、住宅ローンの契約手続きに進みます。

本審査で落ちてしまった場合は金額を落とすか、別の住宅ローン会社で再度審査を行った方がいいかもしれません。

STEP3 住宅ローン契約手続きの流れ

無事住宅ローンの本審査が通っていた場合、ハウスメーカーや工務店の担当者に住宅ローン本審査の結果を伝え、

引き渡し日(借入日)、売買契約や請負契約、残金など支払い金額と振込先、引き渡し当日の立ち合い決算の有無を確認します。

その後、住宅ローンマイページから借入希望日、借入金額、金利タイプなど最終の契約内容および振込をする支払金額、振込先の情報を入力します。

振込先については振込先が確認できる資料などを借り入れ日の3営業日前までにデータでアップロードします。

登録が完了すると、auじぶん銀行から電話が入り、最終意思確認があります。

STEP4 司法書士面談の流れ

住宅ローンの抵当権を設定するため、司法書士から連絡があります。

司法書士と面談する場所、日時などを決定して、その後、面談を実施します。

STEP5 住宅ローン契約成立の流れ

買主、売主双方の登記に関する書類、手続きに問題ないことを司法書士が確認し、司法書士からauじぶん銀行に連絡後、

住宅ローンの借入金額をauじぶん銀行のお客様口座に振り込みが完了されます。

お金が振り込まれたことを確認し、所有権を売り主から買主に移転し、auじぶん銀行で、抵当権を登記して契約が成立となります。

簡単ではありますが、このような流れで住宅ローンの契約となります。

次は仮審査の流れについても説明していきたいと思います。

【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

スポンサーリンク

auじぶん銀行の住宅ローンの仮審査から契約までの日数の確認

auじぶん銀行の住宅ローンの仮審査の日数としては大きく3つの工程に分かれます。

【住宅ローン仮審査申込み~仮審査終了まで】、【住宅ローン本審査申込み~本審査終了まで】、【住宅ローン契約手続申込み~ご契約まで】です。

【住宅ローン仮審査申込み~仮審査終了まで】

マイページを登録し、仮審査の項目を入力するのに20~30分くらい掛かります。

住宅ローンの仮審査は申込みの内容により、手続きにかかる時間は異なりますが仮審査事態は、入力項目に不備などがなければおおよそは1日から数日で結果のメールが届きます。

【住宅ローン本審査申込み~本審査終了まで】

本審査は仮審査の承認内容を確認し、申し込みボタンを押すだけなので、1分もかからず、終了します。

その後、必要書類をアップロードするので、数分かかります。必要書類を提出後、住宅ローン本審査が始まります。

おおよそ数日で審査が完了します。

【住宅ローン契約手続申込み~ご契約まで】

最終のご契約内容や振込先情報を確認し、契約手続きが終了して、指定の日に支払いがおこなわれます。

ここでは新築住宅やリフォームなどでお役立ちできる一括見積サイトなどお得なサイトを紹介します。 我が家でも注文住宅を建てる際に、色々と調べて、少しでもお得になればと思い、色々と調べてよかったサイトを紹介しています。 住宅関連お役立ちリンク 参考にしていただければ、幸いです。
スポンサーリンク