注文住宅を建てて1年!キッチン(パナソニックのラクシーナ)で良かった?失敗、後悔していること

スポンサーリンク

注文住宅を建てて1年!パナソニック(Panasonic)のキッチン(ラクシーナ)を使用してみて、良かったこと、失敗、
こうすればよかったなど、後悔していることについて紹介していきたいと思います。
注文住宅、建売、マンションなどでキッチンを選んでいる方ややリフォームなどパナソニックのキッチンを検討している方の参考になれば幸いです。

我が家のパナソニックのキッチン(ラクシーナ)の標準仕様とオプションについて

シリーズ:パナソニックキッチンラクシーナ
レイアウト:対面(ペニンシュラ)フラット対面耐力壁
カウンター:人造大理石で色はグラーノホワイト、高さ90cm
食器洗い乾燥機:深型(オプション)
加熱機器:トリプルワイドIH(シルバー)
レンジフード:ほっとくリーンフード(オプション)
シンク:らくするーシンク(標準ホワイト)
水栓金具:スリムセンサー水栓浄水器一体(オプション)
収納:標準
扉・取っ手:扉の色はX40ネイビーオーク柄(オプション)
取っ手の色はゴールドのハンドル取っ手とつまみ取っ手の組み合わせ
カップボード:間口1800mmのカウンタータイプ

スポンサーリンク

パナソニックのキッチン(ラクシーナ)のカタログ

出典元:Panasonic

パナソニックのキッチンはラクシーナ、リフォムズ、Lクラスキッチンの大きく、3つのキッチンになっています。

一番高い仕様としては、Lクラスキッチン、次にリフォムズ、ラクシーナとなっていますが、正直ラクシーナパナソニックのキッチンの中でスタンダードで価格を抑えていますが、色も豊富で機能性も抜群で、自分の仕様にできるのでおすすめです。

一般的な住宅で予算を抑えたい方やキッチンにそこまでこだわりがないという方には良いと思います。

予算を抑えたい方はあまり、上のランクのものは見ない方がいいと思います。比べてしまうと、上のランクのものの方がよくなってしまい、高くなってしまう可能性が高いです。
キッチンにこだわりがあり、高級感を求めるのであれば、Lシリーズのキッチンをおすすめします。

【消費税総額表示】パナソニックキッチン ラクシーナ | WEBカタログ | Panasonic

タウンライフのキッチンリフォーム無料見積もり

おおよその
パナソニックのキッチンの価格表

ラクシーナ:参考価格:約1,000,000円〜(税別)

リフォムズ:参考価格:約1,500,000円〜(税別)

Lクラスキッチン:参考価格:約2,500,000円〜(税別)

なお、カタログ価格なので実際には30%~60%位は安くなると思います。
ただ新築の場合には施工費は含まれていますが、リフォームの際は別途施工費が掛かると思いますので注意してください。

パナソニックのキッチン(ラクシーナ)の色

出典元:Panasonic

パナソニックのラクシーナはカラーバリエーションが豊富なことも有名です。
通常のキッチンだと、あまり色の種類が無いのですが、このラクシーナはカウンター、シンク、扉、ハンドルなどの色のバリエーションが多く、6×9×45×8=19440通りから選択することができます。

特に、扉の色については、ランクがあり、ランクによって価格が変わってくるので、価格を抑えたい場合には標準色から選ぶ必要があります。

我が家の場合も、当初、ネイビーの木目柄にしようと思ったのですが、色を変更するだけで、10万円程度価格がかわるとのことで、標準の色にして後から、カッティングシートでDIYしようかと思い、白色のものを選択しました。
しかし、10万円の価格差は間違えだったようで、結局5万円程度の上昇とのことで、最終的には、ネイビーの木目柄の扉を選択しました。

1年使用した感想としては、部屋の感じとマッチしてよかったと思います。
あのとき、予算を気にして標準の白色を選択しなくて、良かったと思います。
やはり、色を選ぶ場合には、自分でよいと思ったものを選んだ方が良いと思います。
金額にとらわれすぎて、後から後悔するより若干高くても自分の良いものを選んだ方がいいと思います。

パナソニックのホームページでもラクシーナの色のシミュレーションが出来ますので、
色で悩んだら自分の好みの色にシミュレーションしてみてみると後で後悔せずによいものを選択することができます。

ラクシーナ以外のリフォムズ、Lクラスキッチンなどもシュミレーションできます。
カラーコーディネイション | Panasonic

スポンサーリンク

パナソニックのキッチン(ラクシーナ)のレイアウトとテーブル

出典元:Panasonic

我が家のラクシーナのレイアウトは対面(ペニンシュラ)フラット対面耐力壁にしています。
本来であれば、アイランド型のキッチンが良かったのですが、家の構造上壁がないと強度的にNGということでこのタイプのキッチンになりました。
アイランド型にはアイランド型の良さがあると思いますが、対面(ペニンシュラ)フラット対面耐力壁には対面(ペニンシュラ)フラット対面耐力壁の良さがあり、結果としては、壁があることによってキッチンを目隠しでき、壁側にもカレンダーなどを貼ることが出来るので良かったと思います。
正直キッチンを常に綺麗にしておくことは難しいので、若干目隠しがあった方がいいと思います。

カウンターは人造大理石で色はグラーノホワイトです。
高さは80cm、85cm、90cmから身長によって選択することができます。
我が家の場合は夫婦ともに背が高いほうなので、90cmの高さでちょうどよかったです。

パナソニックのキッチン(ラクシーナ)のレンジフード

出典元:Panasonic

我が家の場合は、オプションの「ほっとくリーンフード」を選択しました。
この「ほっとくリーンフード」の特徴としては、フィルター掃除を1年に一回、ファンの掃除を10年に一度でよいという、掃除のしやすさになります。

フィルターの掃除も食器洗い乾燥機に入れてしまえば手荒する必要もなく、非常に掃除が楽になります。
ただ、このラクシーナのレンジフードはオプションで約10万円の上昇になります。
価格が高いので悩むところなのですが、妻の強い希望でこのレンジフードになりました。

1年使用した感想としては、掃除の頻度が少なく済むので、良かったと思います。
正直あまり、掃除しない方なので、時短でき助かっています。

掃除が苦ではなければ、通常のタイプのもので十分だと思います。

また、換気扇とLEDライトがIHと連動しているのでIHの電源を入れるときに、換気扇LEDライトが作動してくれるのでスイッチを入れる手間が無くて良かったと思います。
IHが止まったら、数分間稼働し、自動で止まるのですごく助かります。

たまに、空気が悪いのか、自動で換気扇が急に回るとびっくりする場合があります。

ラクシーナのレンジフードでちょっと気になったのが、注意事項で「設計上の標準仕様時間を超えてお使いいただいた場合は、経年変化による発火・けが等の事故に至る恐れがあります」【設計上の標準使用期間】となっていたのですが、10年掃除しなくてよいというのに、レンジフードは10年間以上使うなというような注意書き。
10年で交換するなら掃除は必要ないのでは?
といっても、壊れるまでは10年以上使用すると思います。

スポンサーリンク

パナソニックのキッチン(ラクシーナ)のシンク

出典元:Panasonic

ラクシーナーの「ラクするーシンク」は、スゴピカ素材ではっ水、はつ油成分を配合しているので、水アカやしょうゆなどの日常的な汚れなども洗剤を使わずに水を含ませたスポンジやふきんでキレイに落とせる素材です。

色はホワイト、カームベージュ、グレー、ピンク、グリーン、カームグレーなどの中から選択することが出来ます。
そのため、通常のステンレスのシンクと比べてカラーバリエーションが豊富になります。

このラクシーナの「ラクするーシンク」を使用した感想としては、
シンクの下の部分はエンボス加工されているため、思ったより、汚れが付いて目立ちます。
特に、鍋とかを置くと、錆びが付いたりして、汚れてしまいます。
こすっただけでは落ちない場合もあるのでその時は、漂白剤などで落としています。
正直ステンレスのシンクの方が良かったのではと若干後悔、失敗したかなと思っています。
汚れが気になる方はステンレスのシンクの方がおすすめです。
とはいえ、色が落ちない訳ではないのでデザイン性からすると、色が選択できるラクするーシンク」でも悪いわけではありません。あくまで、ステンレスに比べると汚れが目立つというので気になる方はやめておいた方がいいかもしれません。

また、シンクの排水口の水止めや水切りなどは別売りになっています。
一応、洗剤ラックは標準で付いています。
ハウスメーカーなどで注文すれば購入できますが、こういった小物については、注文するよりもネット通販で安く購入することができるのでネット通販などで購入することをおすすめします。

パナソニックのキッチン(ラクシーナ)の水栓

出典元:Panasonic

我が家の水栓は、スリムセンサー水栓浄水器一体(オプション)にしています。
メーカー価格で15万円程度でした。ハウスメーカーでは+7万円くらいの増額になりました。
元々、センサー水栓にしたくて、高かったのですが、このスリムセンサーにしました。

このスリムセンサー水栓浄水器一体について使用した感想としては、センサーなので、水栓に触れることがなく、水を出せるので、衛生的に良かったと思います。
ただ、センサーの感度が悪いのか、慣れていないため、思ったように水を出したり、止めたりできないことがあり、イライラしてしまうこともたまにあります。

浄水モードだと温度と水量の調整ができないので、小さい器や計量スプーンなどに直接に注ごうとすると、はねて注ぐことができませんでした。

また、我が家のセンサー水栓は浄水器付きの水栓なので、年に1回フィルターを交換しないといけないようで、このフィルターの価格が1万5千円位で結構高いです。
まあ、ウォーターサーバーを置くことを考えれば、安いのかもしれませんが、1年に1回1万5千円というのは結構痛いです。

ちなみに、このフィルターの交換時期については、1年ごとに交換が点灯するようで、使用頻度が多くても少なくても1年で点灯するみたいでした。
個人的には使用頻度が少ないのであれば、1年でなくてもよいのかなとは思っています。
現状まだ、浄水フィルターを交換していません。

また、センサー水栓は電気で作動しているため、電源が入っていない水が出ません。
停電時などは使用できないようです。

個人的には、このスリムセンサー水栓浄水器一体については結果的には良かったと思います。最初のうちは、センサーにも慣れておらず、センサー水栓にしたことを後悔、失敗したかなとおもっていましたが、慣れてくればそこまで悪くはないと思います。

スポンサーリンク

パナソニックのキッチン(ラクシーナ)の食器洗い乾燥機

出典元:Panasonic

我が家では今まで、食器洗い乾燥機を使用したことがなく、今回注文住宅を建てて初めて使用しました。
食器洗い乾燥機を使った感想としてはやはり、洗う手間が省けて時短することが出来、とても良かったと思います。
また、洗剤などを直接触らないので、肌が弱く手荒れしやすい方などにはぜひおすすめしたいです。絶対後悔しないと思います。

デメリットとしては、通常洗うより時間がかかると思いました。
また、食洗器不可の食器などもあり、箸やコップなど絵柄が取れてしまうものがありました。
オプションで高いタイプのものでは食器洗い乾燥時間を短縮するものもありますが、画期的に早くなるわけでないので、通常タイプのものでもよいと思います。
ちなみに我が家のタイプは特に早いものではありません。
正直途中で開けて取り出して使用したりしています。

食器洗い乾燥機付ける際、我が家は深型タイプのオプションにて食器洗い乾燥機を選択しました。

4人家族で朝は通常のタイプでも十分余裕がありますが、昼や夜など、複数のお皿を使用する場合には、やはり、足らないと思います。
我が家の場合も4人家族ですが、朝は余裕なのですが、昼、夜などお皿を1人複数使用する場合には深型タイプのもので、余裕がないくらいでした。
多分、通常タイプの食洗器を選択していたら後悔、失敗したと思います。

食器洗いが多いご家庭であれば、深型のオプションを選択することをおすすめします。
夫婦二人で将来家族が増えない方や外食やお総菜などで済ませてしまうことが多いご家庭であれば、通常タイプの食洗器でも問題はないと思います。

ちなみに我が家ではこの食洗器用の洗剤を使用しています。

パナソニックのキッチン(ラクシーナ)のIHコンロ

出典元:Panasonic

パナソニックのキッチンの特徴といってもよいのが横3連のコンロです。
他のメーカーではないもので、横3連なので、通常の3口コンロに比べ、真ん中のコンロがとても使いやすくて便利です。
また、コンロのスイッチも押すと出てくるタイプなので普段はスイッチが収納されていてスッキリしています。

ちなみに3口コンロですが、通常のコンロと同様に真ん中のIHの部分だけ温度が両脇のものと比べ、最高温度が低いです。

一応、オプションで4連コンロなどもありますので、料理好きや、同時にコンロを沢山使用する場合にはオプション選択するとよいと思います。

デメリットというか、この3連コンロなのですが、魚などを焼くコンロが付いていません。
その代わりにHほっとくっキングリルパンというフライパンみたいなのが付いているので、これで魚を焼くことが出来ます。
ちなみに我が家では魚などはオーブンで焼いてしまうので特に魚用のコンロは無くても問題ありませんでした。
魚をコンロでどうしても焼きたいという方は、通常のコンロを選択する必要があります。

出典元:Panasonic

結果的に、3連のIHコンロを1年使用してみてして使いやすくよかったと思います。
3連IHコンロは特殊な形状のため、後から、後悔、失敗したといってコンロだけ通常のものに交換することができないので、事前に特徴を知ってから選択することをおすすめします。

スポンサーリンク

パナソニックのキッチン(ラクシーナ)にリフォーム

出典元:Panasonic

キッチンのリフォームを考えている方へキッチンのリフォームをする場合、1つの業者だでで、見積もりをしてもらうと、割引率などが違い、10万円単位で価格が違う場合があります。

できる限り、お安く、どのキッチンがあっているのか相談もでき、業者の比較が無料でできるタウンライフのキッチンリフォームがおすすめです。

キッチンのアイデアやアドバイス、リフォーム費用、リフォームプランなど無料なので、すぐにリフォームを考えていなくても一度見積もりを取ってみることをおすすめします。

見積もりしたからといって契約する必要もないので安心です。

まとめ

良かった点
・パナソニックのラクシーナは色のバリエーションが豊富なので自分好みのキッチンにできた
・IHコンロはパナソニックだけの横3連なので、使い勝手がよかったです。
・10年メンテナンスフリーの換気扇も掃除の回数を減らすことが出来よかったです。
・センサー付き水栓なので手を触れず水が出るので衛生的に使用できてよかったです。特に最近はコロナ等あるので
・収納量が多く、食器をしまう場所に困らない。

悪かった点(後悔、失敗)
・浄水器付きの水栓なので、フィルターを1年ごとに交換しないといけない。(フィルターが高い)
・シンクの汚れが若干目立つ
・付属のフックが外れやすく、1個無くなってしまった。

他のメーカーのキッチンもみましたが、やはり、パナソニックのラクシーナは金額面、性能、満足度としては、良かったと思います。
如何だったでしょうか、1年間使用してみての感想などパナソニックのラクシーナのキッチンを検討している方の参考になれば幸いです。
オプションも含め自分の満足する後悔、失敗しないキッチンになるようにしてください。

関連記事

コーディネーター打合せ2-2(キッチンのラクシーナの価格とオプション)

新築注文住宅引き渡しから1年!間取りや設備で良かった点、失敗、後悔している点

スポンサーリンク